SEOの評価における文章の文字数とキーワード

webサイトのページあたりの文字数はSEOにおいてどういった影響を生むのでしょう。
例えば100文字のページを100ページで構成したサイトと500文字のページを20ページで構成したサイトがあったとして、どちらが検索エンジンで上の評価を得ることができるのでしょうか。
合計の文字数が同じだとしても、一般的に考えるならページ数が多いほどwebサイトとしては評価が高く、文字数が多いほどページとしては評価が上がりそうなイメージがありますね。
実はこの評価はキーワードのマッチングによって変わります。
そのwebサイトのテーマかつそのページで伝えたいキーワードを的確に使用して構成されているのであれば、文章の量はそれほど重要視されません。
もちろんあまりに文字数が少ないのはいけませんが、文字数が増えるという事はそれだけページ内に意図しないキーワードが含まれるということでもありますので、真に狙っている主張したいキーワードのマッチング率を薄めてしまう可能性があります。
したがって文字数に関しては無理に増やそうとせず書きたいキーワードをもれなく修飾できる程度にまとめてあとはページ数を増やすといった方向でサイトを作成してゆくのが現在のSEOとしては合理的でしょう。

最新投稿